スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILCA空気入れメンテナンス/★★★★

10年以上使っているSILCAの空気入れ。

空気入れ専業メーカーで素晴らしい耐久性とメンテナンス性を誇る。イタリアが世界の誇る伝統の空気入れ。全く故障しない。

かつてサイクリストにとって自転車に乗る前にSILCAのポンプで空気を入れることが儀式のようなものだった。今ではよく入る空気入れは他にもあるが。SILCAは使い込んでこそ愛着がわく。

木製の柄。

このタイプはベースが細いのでよく倒れる。でもコンパクトでいい。

メーター。汚い。

たまには掃除してやろう。

裏のボルトを六角で外せば鋳物のベースが取れる。

フィニッシュラインのショウルームポリッシュで磨いてやる。

綺麗になった。

このペンキのハゲは味になっている。

シャフトを取り出すために上を開ける。

2ヶ所のイモネジを外せば、黒い樹脂のパーツが外せる。

簡単な構造でメンテナンスしやすい。

黒いのが牛革製のパッキン。過去一度だけ交換したが、交換するときはグリスを付ける。

この機会にパッキンにグリスを補う。粘度低めのフリーハブ用にしてみる。

このポンプ愛着わくね。

SILCA.ITALY.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール Profile

Hiro

Author:Hiro
神戸で自転車に乗ってます。

カテゴリ Category
最新記事 Recent posts
コメント Comments
月別アーカイブ Monthly archive
検索フォーム Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。