スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識ゼロ。BSアンテナ配線3/★★★★☆

BSと地デジ波を混合して送り、全部屋で見れるようにするために混合器(ミキサー)を設置する。

たまたま昔買ったマスプロ衛生ミキサーCW7というのがあったので使ってみる。

これはBS側にしか電流を通すことができないので、もし地デジ側でブースターを使う場合は両方に電流を通すタイプに変更する必要がある。

衛生ミキサーに地デジアンテナ線接続完了。

BSアンテナ線も接続完了。

さらに、現状では1Fリビングのテレビの電源が入っていないと他の部屋でBSが見れないので各テレビからBSアンテナに電源供給できるようにするために、直列ユニット(アンテナコンセント)を電源が挿入できるタイプに取り替える。

1F台所、古い挿し込むタイプの直列ユニット。

F端子ではない。

中もF端子ではない。

電流が入力ー送り間を通過するだけでここから挿入することはできない。

これを電源が挿入できて、信頼性の高いF端子タイプの直列ユニット中間用に交換する。

交換完了。L型プラグを使って邪魔にならないようにした。

さらに分波器を使って混合した信号をBS、地デジに分けてテレビに接続する。

それそれに接続する。

これだけで少しアンテナ感度が上がった。

知識ゼロのアンテナ配線では、このテレビのアンテナレベル表示機能が唯一かつ強力な指標となる。事あるごとにどう変化するか確認しながら作業する。

他の部屋の直列ユニットをテレビ端子に取り替える。

送り配線用のアンテナコンセントを直列ユニット、スター配線用のアンテナコンセントをテレビ端子と言うらしい。ややこしい。

買ったものは単純な構造でL型プラグみたいだ。単に直結だからこんなもんか。電源は挿入できる。

直列ユニットを取り外す。

テレビ端子に取り替え完了。

こうなった。テレビのBSアンテナ用電源供給をONに設定しておけば、どの部屋でもBSが見られる。

BS波の分配ロスは末端でも地デジより少ないようだ。アンテナ感度が高い。地デジもなんとか映っている。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。ゆずっちです。
とてもわかりやすい配線図で参考になります。
私の家もパスタさんと同じ送り配線型で、テレビコンセント数も同じなので、DIYにチャレンジしてみようという気になりました。

そこで質問ですが、送り配線型のままでは全部屋でBSは見られないのでしょうか?
不器用なので、ケーブルの切断、加工などはしないで直列ユニットなどの部品交換だけで済めばいいなと思っているのですが。何かアドバイスを頂戴できないでしょうか?

現在は共聴アンテナから視聴していますが、7月24日で廃止になるので、UHFアンテナ、BSアンテナの新設です。
プロフィール Profile

Hiro

Author:Hiro
神戸で自転車に乗ってます。

カテゴリ Category
最新記事 Recent posts
コメント Comments
月別アーカイブ Monthly archive
検索フォーム Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。