スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界四代宗教の経済学/白取春彦/★★★★

宗教と経済感についてつかみやすい珍しい本。

「イスラム教では他部族を急襲して盗むのは正当な経済行為と見なされ、ラージアと呼ばれた。イラクは経済的に窮しクエートの石油を手に入れようとした。これは伝統的なラージアである。イラクが他国に「侵攻」したと考えるのはキリスト教が根底に有る現代先進諸国的な見方なのだ。」

いろんな見方があるもんだ。

イスラム教の教祖ムハンマドは商人で聖典とされているコーランは商人の言葉で書かれているそうだ。

読書感:★★★★

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール Profile

Hiro

Author:Hiro
神戸で自転車に乗ってます。

カテゴリ Category
最新記事 Recent posts
コメント Comments
月別アーカイブ Monthly archive
検索フォーム Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。